時間泥棒はお金泥棒よりも重罪な件

時間泥棒はお金泥棒よりも重罪な件

福岡で3.8億円の強盗が発生しました。

 

被害額としては、戦後4番目の大きさのようです。

 

被害者が多額の現金引き出すことを事前に知っており

 

引き出し後を狙った犯行なので、被害者と直接的・間接的に

 

何らかの関係があることは間違いないと推測されます。

 

 

 

犯人よ!早く捕まれ!そして福岡県警がんばれ!!

 

 

 

本題。

 

 

 

時間というのは誰にでも平等に与えられ、限りある資産です。

 

みなさんの中には、時間をあまり大切にしない人もいると思いますが、

 

一度、人生において、1人に与えられし時間を計算してみると

 

自分に残されているであろう時間が、ある程度わかります。

 

一生で与えられる時間は、以下の通りです。

 

 

 

24時間×365日×80年=700800時間≒70万時間

 

 

 

「80年」は、生まれてから死ぬまでの前提です。

 

実際にこのページをご覧の皆さんは、生まれた直後ではないでしょうから、

 

もっと残された時間は少ないはず。

 

 

 

仮にあなたが二十歳としましょう。

 

あなたに残された時間は、

 

 

 

24時間×365日×(80年-20年)=525600時間≒56万時間

 

 

 

この時間が多いのか、少ないのか実感は湧かないと思います。

 

そこで、例えば以下のように考えるとどうでしょうか?

 

 

 

あなたの全財産は56万円です。

 

今後減ることはあっても増えることはありません。

 

そして1時間経過ごとに1円ずつ財産が減っていきます。

 

全財産が0円になった時点で、あなたはこの世からいなくなってしまいます。

 

 

 

このように考えると、1時間の大切さ・貴重さが実感できる感じがしませんか??

 

 

 

自分に残された時間を大切にしましょう。

 

 

 

また、

 

失ったお金は、時間を差し出すことで手に入ります。(労働という形であなたの時間を差し出し、お金を得られる)

 

失った時間は、お金を差し出しても手に入りません。

 

 

 

みんなに平等に与えられた時間が、いかに貴重なものであるか

 

再度認識頂けると嬉しいです。

 

 

 

また、他人の時間を奪うことは、絶対にしてはいけません。

 

待ち合わせ時間にルーズな人、退屈で一方的なトーク、強引な誘いなどは

 

相手の時間を奪う行為、つまり「相手の残存生命を搾取している」に他なりません。

 

 

 

時間に対し、そのような認識を持っていない当人は、自覚は無いかもしれませんが

 

「時間搾取罪」などがあれば、服役してもらいたい、そのくらい重罪だと思っています。

 

 

 

 

 

自分の時間を大切に、他人の時間はもっと大切に。

 

皆さんが理解して下さり、充実した人生を送れますように!